82期弔意規定について of 東筑82期会

東筑高校を昭和59年(1984年)卒業した同期生に向けた同期会公式ホームページです

東筑82期会 弔意規定

2017年10月7日

1 目的
  同期の友人の死に哀悼の意を表するため、葬儀に際して同期会有志から献花するもの。

2 献花対象者
  東筑高校82期同期生本人で死亡した者とする。

3 献花内容
  献花対象者の葬儀会場に生花一対を送付する。

4 献花から集金までの流れ
(1)献花対象者の発生を察知した者(同期生、同窓生、親族等)が82期同期会役員等に事案の発生及び葬儀会場等の情報を連絡。
(2)連絡を受けた者は、同期会会計管理者及び広報班に情報を伝達。
(3)会計管理者は献花を発注・送付し、支出を行なう。
(4)広報班は速やかにフェイスブックと82期ホームページを通じて、献花に対する賛同者を募り、期間を定めて集金を行なう旨を周知する。
(5)献花に賛同した者は、定められた期日までに82期の口座に振込を行うものとする。
(6)会計管理者が葬儀に献花が間に合わないと判断した場合は献花を中止する。
この場合、会計管理者は広報班に速やかに連絡すると共に、広報班は賛同者の募集を取りやめるが、FBやHPへの葬儀情報は掲載するものとする。

5 集金金額
  2,000円を一口とする。また、一人当たりの口数は問わない。

6 支出金額との多寡について
(1)献花金額は4万円程度とし、消費税、送料等を含む金額とする。
(2)集金金額の合計が献花金額の実額を超えた場合、その超えた分を同期会の会計に繰り入れる。
(3)集金金額の合計が献花金額の実額に満たない場合、その不足分は同期会の負担とする。

7 その他
(1)献花時の表示は「東筑高校82期有志一同」とする。
(2)献花賛同者の募集期限は葬儀の日から14日間、口座振込期限は葬儀の日から30日間を目安とする。
(3)本規程の運用に関して疑義がある場合は、幹事会において協議し、決定する。
(4)この規定は平成29年10月7日から実施する。